京都で注文住宅、リフォームするならライフライク工務店

京都市伏見区にある工務店  お見積もりは無料です。

お問い合わせTEL 075-601-0141
kaigo

介護リフォーム

ご高齢の方が安全に生活できるように、適切な場所(玄関外、玄関、トイレ、お風呂、洗面所など)に手すりを取付いたします。

介護保険で要支援、要介護の認定を受けた方は、介護保険制度の給付金制度を利用することもできます。

手すりを取り付けたい
段差を無くしたい
福祉用具を取り付けたい
など、お客様のご要望にあわせた介護リフォームを承ります。

 

介護保険制度 住宅改修費の支給について

介護保険制度では
要支援1、2又は要介護1~5の認定を受けた方が
自宅において自立した日常生活を営むためや、介護者の負担を軽くするために
住宅改修費の支給対象となる住宅改修(段差の解消や手すりの取付けなど)を行う場合
申請により、その費用の一部が介護保険から住宅改修費として支給されます。

利用限度額は、
要支援・要介護度にかかわらず、要介護(支援)者一人当たり20万円までです。
ただし、1割は自己負担となりますので、介護保険から支給される額は18万円が上限となります。
※20万円を超える工事を行った場合、超えた部分については、全額自己負担になります。

※住宅改修費は、事前申請制度です。

 

住宅改修費の支給対象となる工事

(1)手すりの取付
廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路などに転倒予防若しくは移動又は移乗動作を円滑にすることを目的として設置するもの
(取付に際し工事を伴わないものは除く)

(2)段差の解消
居室、廊下、便所、浴室、玄関などの各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路などの段差を解消するための改修。ただし、昇降機、リフト、段差解消機など、動力により段差
を解消する機器を設置する工事は除く

(3)滑りの防止及び移動の円滑化などのための床または通路面の材料変更
居室での畳敷きから板製床材やビニル系床材などへの変更、浴室での滑りにくい床材への変更、通路面での滑りにくい舗装材への変更などの改修

(4)引き戸などへの扉の取替え
開き戸を引き戸や折り戸、アコーディオンカーテンなどに取り替えるといった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置なども含まれます。
ただし、自動ドア仕様の引き戸に取り替えた場合、自動ドアの動力部分の費用は、保険給付の対象外となる。

(5)洋式便器などへの便器の取替え
和式便器を洋式便器に取り替える改修。
ただし、腰掛便座の設置は除く。

※洋式便器から洋式便器への改修については、支給対象となる改修が限定されている。

(6)その他(1)~(5)の住宅改修に付帯して必要となる工事(一緒に行った工事でも付帯工事として認められない場合があります。)

申請にあたり、必要な書類である
●申請書
●工事費見積書
●住宅改修予定箇所の写真
●住宅改修箇所見取図
は、弊社で準備させていただきます。

リフォーム・リノベーションメニューへ